まるみ・人生のメモ帳  blog

京都在住、早期リタイアを目指すアラサーOL。 大好きな旅行情報・京都おススメ情報・マネ活情報を中心に。 週一で池坊の生花お稽古記録ものせています。

いけばな教室 自由花

今週は自由花でした。

f:id:ayumiiiiii:20190618192339j:image

この丸いバスケット型の花器を少し斜めに置くのがポイントです。

 

花材が線で、花器が丸だから上手くいけれるか心配だったと先生に言われました💦なるほど、そういう視点で花器を選ぶのかぁ。。

 

でも今回は手直しなしで良くいけれてます、とお褒めの言葉をいただきました。

いけばな教室 生花【祇園祭を彩る檜扇 生け方解説つき】

みなさんこんにちはまるみです。

 

現在祇園祭り真っただ中の京都。

今日はその祇園祭りを彩る檜扇の生花でした。

https://www.instagram.com/p/Bz2dVl5lG20/

今日のお花🌸#ikenobo #ikebana #池坊 #いけばな #檜扇 #祇園祭

 

檜扇の生花

 

まるで扇のような葉をつける檜扇。

檜扇は真副体の3本だけのシンプルな生け方をします。(5本で生ける場合もあり)

葉は少しタメがききますが、自然のままを生けるのが生花の基本ですので、

それぞれに適した葉を選ぶ工程が一番肝心です。

 

葉の選び方

・「真」は後ろあしらいや前あしらいの役ができる葉がついていることが理想。

・「副」は外に反り返り、それなりにボリュームがある葉が理想。

・「体」は体先の葉がきれいに伸びていることが理想。

 

葉の向き

 副と体は向かい合うように生けました。

真の向きを勘違いしていましたが、真と副も向き合うように生けるとのこと。

f:id:ayumiiiiii:20190714115641j:image

 

簡単そうに見えて、葉の役割がぴったり合わないと一苦労する檜扇の生花。

でも自宅に飾ってみると一気にお祭り気分が盛り上がります。みなさんもご家庭に飾ってみてはいかがでしょうか♫

 

 

いけばな教室 立花

こんにちは、まるみです。

 

今週もお花の教室に行ってきました🌸

 

今回は月に一度の立花の回です。

花材は前回に引き続きツツジでした〜。季節なのは分かるけど、違う花材がよかったかな😅でもまぁ、それ以外はもちろん前回とは違う花材です🌸

 

f:id:ayumiiiiii:20190429110838j:image

ツツジの枝ぶりから、低めの方がキレイに見えたので、今回は少し低めに生けました。

 

小手鞠はかなりの暴れっぷりだったので、針金を巻いて動きを出しました。

 

副は自然だと思う向きのまま生けたら、向きが逆だと指摘をうけました💦

 

先生がいつもおっしゃっている「中低(なかひく)」。短い枝を外側に引きずらず、中側に持ってくるということらしいです。確かに引きずっていて美しくないですね💦何度聞いても、実際の花材を目の前にすると迷ってしまうものですね😅

 

次回は少し初夏らしい花材だといいなぁ〜😊💛💛

いけばな教室 生花【イチハツ生け方解説つき】

こんにちは、丸美です。

 

今週は「いちはつ」の生花でした。生花と書いて"しょうか"と読みます。

少しややこしいですね😅

 

f:id:ayumiiiiii:20190414200414j:image

 

いちはつにも色々と種類があり、今回は在来種ではなく、洋物の"ジャーマンアイリス"と呼ばれる種類でした。

 

先生曰く、在来種の古典的な生け方は葉をバラさずに自然のまま生けるらしいです。

 

しかし今回は洋物で、そのままだと生花にするには生けにくいので、葉をばらして組み直していけました。

 

洋物でも自然のまま生けれそうな良い葉があれば、そのまま生けるとより良いとのことですが、残念ながらその目利きができなかった為、全てばらして使いました💦💦

 

 

いちはつの生花の生け方

 

 ①まず全部の葉をばらす

f:id:ayumiiiiii:20190414195531j:image

 

 ②全ての葉を裏向きに

ふっくらとした方が裏です。

f:id:ayumiiiiii:20190414195542j:image

 ③爪の向きで2つに分ける

爪が向き合うように2枚を組み合わせます。

f:id:ayumiiiiii:20190414195635j:image

 

④真・副・体を選ぶ

真は右側が前で長く。

副は左側が前で長く。

体先の葉は3枚で1組に。右から高中低の長さ。

 

⑤真の花を囲うように、花より前は裏向きに、後ろは表向きに生ける。

 

ポイント

※口が広めの花器を選ぶ

※真の葉は全体の7割ぐらいの高さ

※真と副はあまり高低差をつけない

 

 

感想

一度扱ったことのある花材なのですが、ほとんど忘れてしまっており、苦戦しました。

 

毎年一年後にやる頃にはほとんど忘れてしまっているので、反省して結構詳細に書き留めてみました。

 

とはいえお花との出会いは一期一会。

その時々に出会う花材によって、これといった正解がないのがお花の世界だと思っています。その花の魅力を最大限に生かせるセンスを磨いていきたいです😊

 

いけばな教室 自由花

こんばんは、丸美です^^

 

世間はお花見ムード一色ですが、わたしは今日もせっせといけばな教室に行ってきました🌸

 

今日は自由花でした。

自由花というと針金をバンバン使ってアクロバットな作品にすることが多いのですが、今日は針金を使わずに素直にいけてみました。二日酔いだったので、少し省エネで^^; 

 

先生にバラついていた足元を手直ししてもらって完成。

f:id:ayumiiiiii:20190406191621j:image

 

この大きなカーネーションの色がとても素敵でした。母の日になる頃にはこんな大きなカーネーションとっても値段が上がっちゃうだろうなぁ。

 

持って帰って生け変えて、母に見てもらいます(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

いけばな教室 立花

こんにちは、丸美です。

毎週土曜日はここ10年程いけばな教室に通っています。

 

いけばなと言っても色々と流派が有るわけですが、私が通っているのは一番歴史が古く、習っている人口も多い池坊です。

 

今回は、池坊にしか生けることが許されていない古典の花形である立華のお稽古でした。

 

立華は始めて3年ほどの花形なのですが、とても複雑で奥が深いので、いつも完成までにすごく時間がかかります。

 

昨日も15時に始まって、終わったのは20時(^^; 終わる頃にはお腹がペコペコでした。

 

今回の花材は鮮やかなツツジが目を引くラインナップ。この時期の主役の桜もツツジの横に並ぶとかすんでしまうほどとってもきれいなツツジでした。

 

なので、それぞれの花材をどの役枝にあてるのかとても悩みました。

 

先生と相談をして、やはり主役の真は目を引くツツジに、そのツツジの鮮やかさに負けないように受の桜を伸びやかに使うという手法で生けてみました。

 

ツツジの強い鮮やかさを、ボリュームのある桜の受でバランスをとるというのは私には全く出てこない発想でした。

 

先生のセンスにはいつも脱帽です。

f:id:ayumiiiiii:20190331162519j:image

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

はじめまして

はじめまして。

京都在住で某企業で働いている

アラサーOLです。

 

ついこの間までは遊んでくれる友達もたくさんいて、

平日も土日も忙しい日々を過ごしていたのですが、

気がつくと友達もほとんど結婚してしまい、1人ぼーっと過ごす日が多くなってきました。

 

この空き時間を何か使えないものかと、思いつきでブログを始めてみました。

 

興味があるのは、節約・貯金・婚活・旅行・趣味の生け花です(^^)

わたしの身の回りの細かなことを綴っていく予定です。よろしくおねがいします♪